神様にお願いする時には改まった佇まいを694

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(110)

 そこで、時には、ビシッと服装を整え、手土産のひとつも持って正式に訪問し、感謝の意を表しつつ、頼みごとを述べる。

 その姿を見れば「親しい仲にも、礼をわきまえているな。いつにもない気の入れようだ。よし、力になってやろう」と以前にも増して、協力的になってくれるというものだ。

 神道では「こと分けて申さく」という。

 これは「事柄を分けて」とか「言葉を分けて」といった意味で、神にお願いする時には、改まったたたずまいをしなければならないということなのである。

 赤ちゃんのお七夜、七五三、あるいは初詣での時、人々は正装をして神社に出かけ玉串料を捧げる。

 ここ一番、大事な時には、威儀を正し礼節をもって祈願するものなのだ。こちらがそうすれば、あちらもその気になって聞いて下さる。こちらに合わせて共鳴し、動いてくれる太鼓の如き西郷隆盛と同じなのだ。

 守護霊はたえずあなたとともにいる。とはいっても、あなたと同等の存在ではない。高い霊的位置から、過去、現在、未来を見通す目をもって、常にあなたたちを見、指導してくれるのである。そこには、おのずから付き合い方の秩序がある。それを無視した時、あなたの不運が始まるのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード