守護霊が力を貸してくれない祈り方695

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(111)

この祈り方では守護霊は力を貸さない

「困った時の神頼み」という。日頃、神の存在など信じていない人間が、突然、信仰心を燃やすことへの皮肉も込められている言葉で、神様も苦笑されるだろう。

 その点、守護霊は、その人個人についているのだから、苦笑しつつも、何とか力を貸そうとしてくれる。

 ただし、たとえ、守るべき人の頼みであっても、どうしても力を貸すわけにはいかない場合がある。本人の魂の向上にはならない頼みの場合だ。守護霊とは、魂の教育係であるからだ。そのひとつは、エゴイズムを丸出しにした頼みである。

 就職試験の最終段階。二人のうちどちらか一人しか採用しないという状況の時、「なにとぞ、ライバルを蹴落としてください」と願っても、守護霊はソッポを向く。「人の不幸は我が身の幸せ」という発想は、愛と誠意を大前提とする神霊界にはなじまないからである。

 もし、このような場合は、どうすればいいのだろうか。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード