真の統率者の徳分が民族の運を決める747

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(163)

真の統率者の徳分が民族の運を決める

 竹下氏の早期退陣、宇野宗佑氏のお粗末な辞任劇、そして海部政権の意外な頑張りを経て宮沢首相が実現したが、誰が政権の座にあっても日本の針路は変わらない。

 なぜなら、霊界の仕組みを知る者の立場から言えば、国の将来は、政治家の肩にかかっているのではなく、民族の統率者の徳分にかかっているのである。

 国家ではなく、日本民族の統率者は、実際の権力を持っているか、象徴の座にあるのかはともかく、天皇陛下であることに異論をはさむ人はいないだろう。

 神武天皇から崇神天皇に至る神代の時代はさておき、国家が体をなして以来、日本民族はいかなる時も天皇の存在を存続し、意識していた。

 その間、藤原氏による摂政政治、鎌倉幕府・室町幕府による武家政治、豊臣秀吉による日本統一、德川幕府による政治、そして明治の時を経て象徴の天皇制をしく現在と、天皇が直接的に政治に関与しない時代があっても、常に民族の尊敬を受け、また、精神的な支えとなられてきたのだった。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 天皇

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード