知識と知性の違いを知れ777

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(191)

 わが国の試験制度では、知識の量は計れても、その人間の知恵を計ることはできない。

 ところが、人間にとって、もっとも重要なのは、知識を持つことではなく、知恵を持つ、あるいは磨くことなのである。

 知識があっても、それを活用する知恵がなければ、意味はない。ところが知恵があれば、かりに知識が不足していても、その不足分をどう補うかを考える事ができるのだ。

 受験勉強をしている諸君は、試験で要求されるものが知識だからといって、やみくもに詰め込んでいないだろうか。詰め込んだ知識など、活用方法を知らなければ忘れていってしまうものなのだ。

 そこで、まず、自分の知恵を磨くための勉強をしてほしい。磨かれた知恵によって、知識の仕入れ方や、ある知識と他の知識との関係などを整理することができるようになる。必然的に受験勉強の効率もよくなるというものだ。

 そのためにはどうすればよいか。参考書と問題集と受験情報のマニアになることをやめ、たとえ七十点、八十点の完成度の問題集でもいいから、基礎の問題集を最初のページから最後のページまで隈なくやることだ。

 これを何冊もやり上げたら、いかなる時にも何点以下には落ちないという不動の実力ができ上がるのである。落ちない勉強をすれば、必ず合格するのであるが、合格する勉強をやろうとすると、焦り、気負い、迷い、不安が出て、通ったり通らなかったりのアットランダム学習に陥り、実力にムラができやすい。そういうものは、本当の実力とはいわないものだ。

 圧倒的に基礎を固めるべく、量をこなす学習に徹すれば、おのずから知恵となり、応用力が出てくるものである。受験した学校に全て合格した、というのが正しい受験であり、試験勉強の正道なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 学問

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード