財産の作り方に問題がある791

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(6)

「魔界」の金運で苦しむ人々

 一大で財を成す人は時々見かけるが、三代にわたって豊かな財に恵まれる家庭というのは稀である。初代がたいへん苦労をして財を築いても、二代目はその財を維持するのがやっとで、三代目になると初代の苦労も知らずに散財してしまい、やがては没落してしまう、というのが一般的なパターンのようである。

「売り家と唐様で書く三代目」。普通はこういった現象を、ドラ息子や、ドラ孫のせいにしてしまうか、今日の税制では三代続かないようになっているからだと思いがちであるが、それは、神霊的に見ると違う。初代の築いた財が三代続かないそもそもの原因(あるいは遠因)は、初代の財の作り方に「問題」があったからなのである。

 正直にいってしまえば、人から怨みをかったり、他人を不幸に陥れて築いた財は、ほとんどといっていいくらい三代までに、雲散霧消してしまう運命にある。その財産には、人々の怨みが染み込んでいるからなのである。また、いくら金持ちになったとはいえ、本人の想念は決して明るくはない。愛に満ちた充実感やほのぼのとした幸福感にいることはまれである。ましてや、無執着のすがすがしさに軽やかな幸せを感じていたはずもなかろう。それゆえに、世に残した悪劫(人を苦しめた客観的事実)と自らの想念の暗さ、重さ、冷たさによって、人は地獄ゆきが決定されるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 財産

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード