金になるとは社会が評価し認めているということ802

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(17)

 お金になるとは、いかなることであろうか。人々が生命の次に大切にしているお金を出して依頼するほど、社会はその能力を評価し、認めているということである。私の救霊の弟子に七澤公典氏がいる(氏は、かの「与作」を作詞、作曲した人。作曲に関しては私の先生にあたる)。彼は、慶応大学を卒業した後、音楽家の道を歩んだのであるが、その彼がいうには、

「いろんな友人を見ていて思うことは、どんなに不器用な人でも、真剣にギターをコツコツと一〇年やっていたら、必ずプロのギタリストになっていますね。LPレコードを何枚出したとか、ヒットチャートにランクされた、と華々しい活躍はなかったとしても、少なくともギター一本で飯をくっていくことは可能ですね。しかし、その一〇年がなかなか続かないのです」

 二~三年やったぐらいの実力なら、ちょっと器用な人ならすぐ真似できる。しかし、一〇年一生懸命やった人の実力には、少々器用な人が逆立ちしてもかなわない、腕の差があるのである。誰も簡単には真似できない、その人だけがもっている実力。だから、その人にお金を出してお願いするのである。

 プロの道は厳しい。それは、お金を払うに価するかどうか、スポンサーの目が厳しいからである。その目に立派に応えて、相手に「なるほど、素晴らしい」と感動させる実力を、常にここ一番という時に発揮できないといけないのである。まぐれ当たりは、本物ではない。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 才能

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード