天才型、秀才型の違い814

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(29)

 特に、現代社会のように協調性が第一と考えられている時代では、八方に人当たりのよいAB型人間(?)のほうが出世の確率は高くなるのだろう。公務員や大企業等は、この傾向が強い。大勢の足並みを乱すほどの才能の持ち主は、こういう会社では逆にけむたがられる存在でしかなくなる。

 したがって、自分が天才型人物だと思ったら、迷わずベンチャー企業、これからどんどん伸びる将来性のありそうな中小企業、中堅企業へと就職するといいだろう。あるいは、自分で資本金を貯めて会社を作り、そこで思う存分に才能を発揮するに限る。

 天才型、秀才型の違いについて、弘法大師・空海の逸話の中におもしろいものがあるので、紹介してみよう。

 ある日、弘法大師は手紙をもらった。手紙の内容とはこうである。

「私の上司は、私のことをどうしても理解してくれない。私が諫言(かんげん)をしても、上司はそれに反発するだけで、聞く耳さえももとうとしないのです。私は、いっそのこと、宮仕えをやめてこの上司のもとを去ろうと考えています」

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード