最後は大愛でしめくくる084

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(84)

 私としては、できる限りの誠意と愛念で接し、最後は大愛でしめくくるべきだと思っている。大愛とは単に慈悲深いだけではない。私心のない大いなる愛であり、ときに大悲の戒(いまし)め、厳しさとなって現れ、ときに大慈の思いやり、優しさとなって現れる。これが主神の大御心であり、真実の愛といえるのではないだろうか。

 こうした態度が、「観音経」によってうかがえるところの観世音菩薩や主神と同じ態度であり、人としての理想の姿ではないかと思う。

 また、生霊で忘れてはならないのが、生霊を出す当人に人霊が化身している狐や蛇が憑いている場合である。このような場合には、稲荷狐や蛇が生霊と合体して、呪っている相手に強い祟(たた)りを引き起こすことがあるのだ。

 犬神の祟りがある人、あるいはまたヒステリーな狐憑きの人に怨まれて、生活が異常な方向に変化するというのがこの例としてあげられる。

 こうした場合には、生霊を除霊しただけでは解決できない。生霊救済と動物霊祓い、および動物化した人霊救済を同時に行わなければ、完全に生霊を解決したことにはならないのである。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 生霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード