赤坂を飲み歩いた私の経験835

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(50)

赤坂、タヌキシティーを飲み歩いた私の経験

 かくいう私も、皆さんと同じように、自分の性格の欠点に気づきながらも、それをなかなか直すことができずに、大いに悩んだ時期があった。私事の話になるが、ひとつの例として聞いていただきたい。

 私は神人合一の道研究家・深見東州として御神業に励むかたわら、三つの会社(※2014年現在では十数社)を経営に携わっている。つまり、ある時は神霊家として、ある時は経営者の立場として立ちふるまわなけけばならないのである。職業をもって神業に励めというのが、私に対する神様の命令だからである。経営者や営業マンならご理解いただけると思うが、日本の社会風土の構造なのか、会社の利益を伸ばそうとするなら、どうしても避けて通ることができないことがひとつある。それは、接待である。お茶だけ飲んで、ハイ商談成立、などということはまずあり得ない。商談が大きければ大きいほど、より多くの接待の必要性が出てくる。

 私は仮にも神霊研究家であり、神の道を歩もうとしている者である。にもかかわらず、赤坂や他のタヌキシティー(タヌキシティーとは、たぬき霊や浮遊霊、酒飲み霊が数多くたむろしている街のこと)にくり出しては、酒を飲まねばならないのである。本来、私は酒はあまり好きではない。だから、辛い。

 この辛い心は、隠そうとしても表情や態度にどことなくあらわれるらしく、それを相手に察知されまいとして、再び表情が固くなる、という状態だった。心の中では、「接待も満足にできない人間は世の中で通用しない」と感じているのだが、なかなか直せない。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード