デブについて841

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(56)

 最後にデブであるが、対人関係のサービスにつとめていると、どうしても小太り気味になるようである。欧米では、社長業や管理職に就く人物は、小太りより少し痩せているほうがよい、などといわれているそうであるが、欧米社会はもともと能力中心主義であり、個人主義の社会構造だから、日本のように複雑な人間関係、対人関係にさほど気をつけなくてもよいのである。だから、能力中心に考えるのなら、頭の切れそうなほっそりとした粘着質タイプのほうがいいのかもしれない。

 しかし、日本の会社も欧米化しつつあるとはいえ、まだまだ農耕民族的な要素は強く、仕事オンリーで、対人関係を考えることはできないのである。一緒に酒を飲んだり、悩みごとを聞いてあげたりと、家族同様なつき合い方が必要なのである。能力も要求されるが、人格の円満さや人あたりのよさ、いったものも日本の社会においては重要視されるのだ。

 こうした条件を満たす体形とは、すなわち、小太りを意味しているのである。特に、対人関係専門である日本交通公社や近畿日本ツーリストをはじめ、旅行会社の幹部はほとんどが小太りタイプになっている。

 だから、チビ、ハゲ、デブであっても決して悲観するにはおよばない。むしろ、「私は管理者タイプなのだ」と自信を持つようにしたい。次の章で説明する金運三神にしても七福神にしても、福々しい神とは、たいていぷっくりと丸く、ニコニコしているのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 デブ

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード