大黒天はいつも頼りがいのある神様871

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(86)

大黒天のあの袋の中には人々への福徳が詰まっている

 ところで、大黒様が肩に背負っている袋だが、この働きは、人々の災禍厄難を吸いとる一方で、福徳を人々に与えることにある。つまり廃品回収業とサンタクロースを兼ね備えたような存在で、常に福徳を出血大サービスしている、というわけである。

 が、サービスばかりではない。大黒天の右手には、しっかりと小槌がにぎられていることに注意していただきたい。温厚で人あたりのいい大黒天といえども、怠け者に対しては無条件で福徳を与えるわけにはいかないのである。そこで登場するのが、右手の小槌である。これで、怠け者の頭をコツン!とやる。

「もっと一生懸命に頑張りなさい。福徳はもう、すぐそこまできているよ。怠ける人は、小槌でたたきますよ」

 そんな大黒天さんの声が聞こえてきそうである。だから、辛い時苦しい時は、すぐ近くに大黒天がいらっしゃって、福徳を我々に与えようとしている、と信じて頑張りたいものである。

 家を支える柱を「大黒柱」というように、普段はじっとしているが、その働きは大きく、常に頼りがいのある神様である。その働きをよりスムーズに実らせるためには、お水とお米をお供えするとよい。水とはすなわち「水気」であり、方位でいえば北、つまり子を指す。子とはねずみのことであり、ねずみは大黒天の使者、あるいは眷属としての使命をもっている。これは、天台宗の修法にある甲子大黒天のいわれからきているのであろう。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 大黒天

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード