弁財天の成り立ち884

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(99)

 日本の三大弁天は、厳島弁天、琵琶湖の竹生島弁天、そして江ノ島弁天である。近畿の天河弁天は、弁天様のいわば「元締め」的存在であるが、仏的な亜流にやや流れている。

 さて、この弁財天は、財という文字がついていることからもわかるように、大変、財物には縁の深い神様である。というのも、その生い立ちが、大いに財と関係があるのである。

 弁財天はもともとインド系の女性神であるが、もとをただせばその本地は日本の三女神が元祖である。この女神様は、スサノオノミコトの剣から現れた姫で、剣とは物を二つに切って数をどんどん増やしていくところから、経済という意味をもっている。つまり、剣イコール経済、というわけで、剣より生まれ出た市杵島姫、湍津姫、田心姫の三女神が財物に対して、霊験あらたかなるものをもっているのである。また、地に顕現する時は、白蛇、天に現われて白龍神となる。

 そして、女性神であるがゆえか、この神様は非常に愛嬌がいい。江ノ島弁天などは、素裸になって、その豊かなバストをおしげもなく披露、ひざには美しい音色を響かせそうな琵琶などを置いているほどである。この愛嬌がよい、という強力な霊波は、出世を望み、金運をつかみたいと願っている男性(もちろん女性もそうだが)にとっては、またとない要素なのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード