「いもづる式金運」をつくる三面大黒天909

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(124)

「いもづる式金運」をつくる三面大黒天

 先ほども説明したが、金運というのは、人から人を通して発展していくもの。お客様あっての商売であり、よい人脈はよい金脈ともなる。というわけで、三番目の三面大黒天は、金運の豊かな人を連れてきたり、重要な人物とめぐり会う奇跡を起こしたり、客商売だったら、うんとお客様の入りがよくなる、とてもありがたい神様なのである。

 天台宗をひらいた最澄が比叡山において一心に祈っている時に現れたが、その働きは人脈作りと人材集めにあった。つまり、人々を集めるものである。比叡山に多くの僧侶が引き寄せられ、延暦寺が栄えたのは、霊的に申し上げれば、ひとえにこの三面大黒天の働きによるところが大きい。

 かの絶対的なパワーをもっていた日蓮上人ですら、三面大黒天には随分とお世話になっている。そのいきさつとはこうである。上人が人々に法華経を説いて歩いても、誰も耳を傾けず、ふり向きもしない。「ああ、どうして人々は私の説法を聞いてはくれないのだろうか。今は末法の世、この法華経でなければ絶対に人々は救われないというのに」と、悩んでいたのである。その時、上人の苦労を見かねた三面大黒天は、そっと霊力を発して、理解者から理解者を通じて人々を上人の周りに集めさせたのである。もちろん、日蓮も、最澄が比叡山においてあらわした三面大黒天の存在と霊力の実際を、よく知悉していたからに他ならない。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード