出世の神様、毘沙門天919

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(134)

悪を知りつくした出世の神様、毘沙門天

 七福神の中にあっては、最もいかつい格好をしておられるのが、この毘沙門天である。別名、多聞天とも呼ばれ四天王の一人。北の守りを任された武神である。身体は黄色というから、我々と同じで、なんとなくそれでも親しみがもてそう。

 この毘沙門天、最初から人々を助ける善なる存在であったかというと、実はもったくその逆なのである。強力なたたり霊として霊界と現実解を跋扈し、略奪、強姦、殺人、ケンカと、ありとあらゆる悪の限りをつくしていたのである。

 ところが、ある日お釈迦様に出会い、説教を受ける。

「人々を怨み、たたっても、心は満足しないでしょう。人々が悲しみ涙する姿ではなく、喜びに満ちあふれる顔を見てこそ、心の満足を覚えられるのです」

 こうして、毘沙門天は改心し、一転、善なる神としてそのパワーを用いるようになったのである。この悪から善へと変身するストーリーは、鬼子母神と同じである。ついでだから、こちらも説明しておこう。

 この鬼子母神、文字通り、子供を食い殺す鬼のような存在で、手当たり次第に人間の子供や赤ちゃんを奪ってきては食べていた。母親たちが嘆き悲しむ様子を見て、鬼子母神はニタニタと薄ら笑いを浮かべていたのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード