仏教パワーと神道パワーの違い921

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(136)

 さてここで、少々横道にそれるが、毘沙門天に代表される仏教パワーと、天照大御神に代表される神道パワーの違いについて、述べてみたい。

 仏教は、日蓮の「南無妙法蓮華経」を見てもわかるとおり、悪に対してはガードがきわめて堅い。悪になんか負けるもんか!!という雰囲気に満ちている。というのは、もともと、お釈迦様も人間の栄耀栄華に一度浴した立場から、その誘惑を打ち払いつつ悟りの境地に入ったのである。生い立ちからして、悪に対して強いはずである。

 また、私は今まで数多くの守護霊を鑑定させていいただいているが、たいていは仏教、日蓮系統が多い。ところで守護霊とは、たいてい本人の十数代前のご先祖が多いのだが、誰でもなれるというものではない。この世でも、上級国家公務員試験や外交官試験、あるいは司法試験などをパスした者しか、その役職に就けないのと同じように、霊界でも守護霊「任務」に指名されるためには、かなりむずかしい試験に合格しなければならないのである。

 守護霊という「職名」からもわかるように、悪の力から本人を守れるだのパワーがなくてはならない。そのためには、生きている時から、悪に打ち勝つ修業をし、なおかつ、死んでからのちも、修業を積む必要があるのである。

 日蓮上人が安房小湊の浜で、昇る朝日を見て悟りをひらき、「南無妙法蓮華経」と唱えたあのパワー、そして、どんな迫害にも屈しなかったあのパワーが、守護霊にとってはぜひとも必要なのである。参考までに、霊界における守護霊のシェアであるが、断然トップは日蓮宗の僧侶、次が曹洞宗、三番目が武士、四番目が真言宗で、次いで、天台宗や臨済宗や徳高き庄屋さんなどが後に続く。キリスト教系もまれに見られる。悪に強く、人をグイグイ引っぱっていくパワーは、やはり仏教系に限るようである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード