出世し財を得る人は必ず愛嬌がある924

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(139)

 愛嬌と金運は一見、なんの関係もないように思われるかもしれないが、とんでもない誤解である。出世し、財を得ている人物というのは、例外なく愛嬌がよい。ブスッとして、愛想笑いもできないような人が、金運をつかんだという話はあまり聞かないのである。特に、これから上司や目上の火とにとり立てられる必要がある場合など、生半可な実力よりも、相手の心に飛び込んでしまえる愛嬌のほうが、ずっと優れた出世と金運のための武器となる。

 愛嬌がよくて天下をとったのは、かの豊臣秀吉である。

 愛嬌を違う角度から見れば、ジョークでもある。レーガン大統領などは、愛嬌とジョークの達人だ。もちろん政治手腕もあったのだろうが、ついに世界の頂点にまで登りつめた。田中角栄・元総理大臣などもうまかった。

 弁財天の「弁」は、すなわち、弁舌、弁論の弁だけに、口が達者になるのである。だから、能力はあるのに口ベタで、どうも出世の糸口をつかみそこねているような人は、弁財天にお参りするのがよかろう。弁と財の両方が転がり込んでくること、うけあいである。特に、現在のようなギスギスした人間社会では、弁が立ち、ジョークがうまく愛嬌のある人物は、他に特別の才能がなくても、それだけでかなりの金運、財運をつかめるのではないか。

 一霊四魂のうち、愛嬌は和魂が司る分野。つまり調和である。先ほど説明した毘沙門天は荒々しい勇気と忍耐の要素なので、こちらは荒魂と奇魂が啓発される。はっきりいって、この和魂と荒魂の要素がうまく調和すれば、かなり金運に近づくことができる。度胸と愛嬌の二つ、つまり男性的パワーと女性的ソフトムードということができよう。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 弁財天

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード