結うに結えず、解くに解けない神の機微932

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(147)

 こりゃ、布袋和尚がもちきれなくて、どっかり腰をおろしているのも、うなずけるワイ、と思っていたら、別の声も袋の中から聞こえてきた。こんどのは、他人をほめたり、励ましたり、よしやるぞう、という前向きで明るいものばかりだ。なるほど、人間のよい面も袋の中には入っているのだ。

 そして、あの右手にもっている軍配だが、これは善悪の是非を判断するものである。和尚も頭がツルツルテンであるが、「結う(言う)に結えず、解くに解けない神(髪)の機微を知っていて、もっとハゲみなさい」と暗に諭しているようでもある。

 また、でっぷりと肥えたお腹は、何でも腹に収めてしまう度量の大きさを示している。人間、生きていくうちには、いろんなことがある。人から何かをいわれてもじっとこらえて、自分の腹にグッと飲み込んでしまうことも時には必要になってくる。「短気は損気」との言葉もあるように、カッとなってしまうことは、商売上、大いに慎むべきことである。短気は損気、急いては事を仕損じる、のたとえ通りである。これは出世するための大原則なのだ。

 布袋和尚の霊力は、腹をふくらませ、気をゆったりさせ、人の悪口、陰口は袋にしまい込んでしまう働きがある。つまり、包容力をもって人を育成し、物事の是非を正して正しい道に人々を教導するという働きなのだ。短気な人、つい軽口をたたいて周りの人から嫌われてしまうような人は、ぜひ、布袋和尚の霊波動を浴びたいものである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード