枕詞を口にしていっそう情感を込める935

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(150)

 枕詞をつけた場合と、単なる「お願いします」とでは、はっきりいって一〇〇倍ほど、神様の御利益は違う。あなただって、そうだろう。いきなり家にやってきたセールスマンが、「この商品、買いなさいよ。私が買えといってるんだから、買うべきですよ」などといわれたら、いいかげん頭にきてしまう。

 ところが、「いい家に住んでいらっしゃいますねー。その服のセンスもなかなかいい。商品を見る目がありますねー。ところで、この商品なんですが、お得ですよ。それに、あなたのセンスにピッタリですよ。買って絶対に損はさせません。私も、できるだけ勉強させて頂きますから、是非、お買いあげください」と、やんわり説得されると、「そうだな、損はしないみたいだし、まけてくれるというし、それに熱意も感じられるから、買ってみるか」ということになってしまう。神様も同じである。ていねいに頭を下げ、熱意をもって願えば、それをかなえてあげよう、と思うのである。

 また、その枕詞を口にすることにより、自分自身もより情感を込めることができるし、イメージも具体的に湧きやすいので、霊界とのコミュニケーションも、より強くすることができるのである。

 もちろん、神のパワーを確信すると同時に、自分自身の努力も怠ってはいけない。そして、われよし、相手よしの心構えである。さらにつけ加えるなら、「神霊界がそれを望んでいないのなら、軌道修正させてください」と願うことも忘れずに。つまり、最終的な方向と結果は、神様にすべてをゆだねます、という心情が大切なのである。それは、ここに素直さと謙虚さが表れているからなのである。

 まあ、いろいろと説明したが、実践してみて、神様の正しい御利益とパワーを体で実感してみるのが、もっともわかりやすく、重要であるといえる。神様や功徳というものは、そもそも理屈ではなく、実践体得するしか方法がないものである。あなたの正しい金運が広がることを祈っている。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 枕詞

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード