日本が世界の檜舞台に立てた理由938

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大金運」を紹介しています。徳分について、努力のしかた、金の動かし方、金運と前世、金運のゲットのしかたなどについて解説しています。

深見東州の「大金運」(153)

 華僑も似たような境遇である。祖国を離れた異郷の地で、同じ民族の血を温め合いながら、強力な財運をつかんでいる。


日本民族が世界経済の檜舞台に立てた理由

 ところで、日本民族が今日のように、経済大国にのし上がったのは、いかなる背景があったからだろうか。詳しく説明し始めると、長くなるので、ここでは簡単に述べることにするが、要は「大和魂」である。

 大和魂は単に、勇ましいというだけではない。咀嚼能力が非常に優れているのである。咀嚼能力とは、AとBを混ぜ合わせてCというものを新たに作り出す、といった風である。そして、古いものを残しつつ、新しいものを育てることもできるのである。

 身近な例としては、日本の宗教がある。日本古来の神道をはじめとして、仏教、儒教、キリスト教など千差万別の宗教が、争いもせず仲よく肩を並べ合っている。また、仏教などは、発祥の地インドよりも東端の国、日本で大きく花咲いている状況である。日本人の発想の中には、「これはダメ、あれはいい」という区別はさほどないようである。「あれもいいし、これもいい」という具合に、すべてよい方向で考えていくことが得意なのである。「嫌なことは、お互いに水に流しましょう。嫌なことは早く忘れましょう」というわけである。「目には目を、歯には歯を」と強烈な復讐思想を訴えるヤーウェの神とは違うのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード