地獄からの救済(2)096

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(96)

 一つは、子孫たちが徳を積むことによって「刑期」を短縮してもらうもの。神仏に寄進したり、神社を修復したり、人を助けたり、一身を神仏に捧げたり、つまり、体施、物施、法施をするわけである。
 
 このように子孫たちが徳を積むと、その功績が地獄に届けられる。
 
 「お前の子孫はよくやった」
 
 という報告が入るわけだ。そして一六〇〇年のところを三〇〇年にする、などという恩恵が施されるのである。ちょうど、現世において、子供が親のために保釈金を積んで真心込めて裁判所に提出し、親の罪と刑を軽減してもらうようなものである。
 
 二番目の方法は、地獄にいる本人が改心することである。本人が改心することによっても、刑期は短縮されるのである。とはいっても、口先だけの改心ではダメ。口と心と行いのすべてが改まったとき、初めて改心したと認められるのである。
 
 しかし、地獄界にいる誰もが改心できるわけではない。改心できる人間とは、罪を犯したとはいえ、生前ある程度の徳行に覚めた人であり、学問や信仰の基礎を持ち、少なくとも「悟る」ということを覚えた人である。
 
 徳川家康や豊臣秀吉などもいったん地獄界に落ち、ずいぶん苦しんだ揚げ句改心し、天に許されて獄を離れている。そして、改心ぶりを発揮し、明治維新の霊的大原動力となったのである。これは、私がじかに霊界の庁で伺い、当人からも直撃インタビューしてわかったことである。
 
 このようにして本人に改心がみられると、神様は霊界の長を呼んで「仮出所」の許可を与える。すると、やがて鬼が来て、その人を別のところへ連れていく。こうして、刑期が短縮されるのである。ちょうど、この世の「模範囚」のようなものである。
 
 三番目の方法は、特赦、恩赦である。この世でも、皇室の慶事や重要な国家行事があるときに特赦、恩赦が行われるように地獄界でも特赦、恩赦が行われる。まず特赦からご説明しよう。
 
 先ほど、徳川家康と豊臣秀吉を例に引いてお話ししたが、大きな時代の変動期ともなれば、善にも悪にも強く、現実界に大きな霊的影響力を発揮する霊の動きが必要となる。もちろん、天国界などの高級霊界にいる霊も働くことは働くが、これらの高級霊は清くはあっても、ときとして弱々しく、パワー不足であることが多い。これでは、力強い影響力は期待できない。そこで神様が、一つの時代を動かしてきたパワーのある霊を地獄界から選び、特別任務を与えて「仮出獄」させるのである。いわば、償(つぐな)いのチャンスを与えるのである。そうすることが、現実界に生きる人々のためでもあるからだ。
 
 これが特赦である。そしてこれらの霊は、特別に地獄界から出されて、さんざん苦労した揚げ句、世に抜群の勲功(くんこう)を立てるのである。それは、生まれ変わって働くこともあれば、背後霊となって働くこともあり、一概にはいえない。
 
 また恩赦とは、ひと言でいうなら救済除霊である。つまり、特別な霊的使命をもって生まれてきている私や霊能者と呼ばれている人々を介して、神仏が除霊や霊的救済によって罪を許し、霊を救済されることである。

以上、地獄界にいる霊が救済される三つのパターンをお話ししたが、これらからうかがえることは、主神はあくまでも大慈大悲の大御心を持っておられるということである。どんなに厳しい霊界規則をお定めになられても、その御本心は、どのような霊でもなんとかして救ってやりたいという親心なのである。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 天国 地獄

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード