「行」で因縁が切れるのか?098

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(98)

 これまで、人間を病気や不幸に導く因縁霊とその除霊について述べてきたが、この章では、自分で悪因縁を切る方法について少しご説明しよう。

 悪因縁とは最近では、仏説の深い含意より、「運がよくない原因」を総称していう場合が多い。その悪因縁を切るには除霊を受けるのが一番手っ取り早いが、他人の手によらずとも自分自身の努力と精進で切ることができるのである。否、むしろ除霊はあくまでも一つの手段に過ぎないのであって、自分自身で切るほうが天の法則に適っているといえよう。
 
 さて、その方法だが、仏教徒などはよく「因縁が深いから」といって、お経をあげたり何千日の行を行うことがある。しかし、そのような方法で本当に因縁が切れるのであろうか。以前、私が鑑定した人にその行を完遂した人があった。だが、実際のところを審神した結果は、いうまでもなく、前世の因縁、家代々の因縁、子孫の因縁どれひとつとして取れているものはなかった。因縁、すなわち前世、今世の悪業の総決算はお経をあげたり行を積んだり、あるいはまた呪文を唱えるだけで、精算されるわけがないのである。
 
 では、まったく無意味だったかといえば、そうではない。御仏にすがり、願を発して精進をやり通した志は善であり、守護霊はちゃんとその誠を受け取っておられたのである。満行の直後、守護神の許しを受けて、より高級な守護霊に交替されていたことを付言しておく。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 因縁

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード