親の姿が子にうつる972

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(16)

親の姿が子にうつる

 子供は親の姿を見て育つ。子供にとって親は、神様のようなものだ。その親が、自分の仕事や趣味、楽しみを優先させていたのでは、子供との間に越すに越せない深い溝を作ることになる。

 感情や情緒、他人に対する思いやりや優しさ、協調性といった、とても大切なものを育てなければいけない時期に、お母さんが傍らにいないのでは、子供の心は冷えきったまま育たなくなってしまうからだ。

 では、子育てに大切な次なるポイントは、小学校四年生頃だ。この頃になると、人間の抽象概念が発達してくる。

 私自身も、この年令の頃から一時霊の姿を見ることがなくなった。この頃から、人間は脳の中に様々な知識を取り込み、その分純粋な心を失っていくのかもしれない。

 小学校では、四年生から授業内容が一ランク上がり、割り算や分数計算が入ってきて、いわゆる算数嫌いによる落ちこぼれが出てくる。だから、小学校四年生くらいからの塾通いが、もっとも多いのだ。特に早生まれの子の場合、この年令の一年違いは、とても大きなものがある。早生まれの子は三年生になったら、机の前で勉強する習慣をつけ、遅れないようにしないと子供だけでなく、親も苦しむようになる。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード