素直ないい子とは973

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(17)

 第四のポイントは、中一の終わり頃だ。英文法が難しくなってきて、わからなくなり、わからないから面白くなくなって、英語嫌いとなってしまうケースが多い。英語の場合は、高校受験にしても大学受験にしても必要な課目で、この課目が苦手、あるいは嫌いになることは、それだけ良い高校や大学に行けなくなってしまう。だから、この時期の勉強は大事なのだ。

 第五のポイントは、高校受験の時。高一の終わり頃になると、自我が目覚めてきて、子供はお母さんの言うことに、とにかくまず反発し、反抗するようになってくる。しかし、高校受験の時は、やはり親の努力が必要な時期だ。

 環境が違うと勉強のはかどり方も違う。どんなに良い素質を持っていようと、本人に努力する意志があろうと、環境が悪かったり、レベルが低過ぎたのでは、知らない内に自分もそれに合わせるようになってしまうからだ。その辺のことを考慮して、子供が勉強できるいい環境作りに、親は気配りをしてあげてほしいものである。

 このように、子育てにはいくつかのポイントがあるが、その基本は素直ないい子を育てることだ。

 ただし、素直ないい子といっても、親に言うことをよく聞くいい子、教師の言うことをよく行くいい子、といった羊の仮面をかぶった狼のことではなく、心の純粋な子、判断力と協調性を持った素直な子という意味である。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード