子を育て上げた親には大いなる功徳が!975

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「それからどうした」を紹介しています。幸せについて、人生でいかに選択するのか、などが解説されています。

深見東州の「それからどうした」(19)

 この辺の子育ての話は、『こどもを持ったら読む本』(深見東州著/たちばな出版刊)により詳しく述べているので、興味のある方は一度お読みいただければと思う。


子供を立派に育てれば、親の功徳は計り知れない!

 子供が授かる際には、自分の徳分が失われることになるのだが、男の子と女の子を比べた場合、女の子の方が費やす徳分が三分の一くらいで済む。

 もっと詳しく述べるなら、母親は男の子を産むと、三、〇〇〇万功から一億功の徳分を失う。一方、女の子の場合では一般に一、〇〇〇万功から三、〇〇〇万功くらいを失うに止まる。

 それだけ男の子は立派に成長すれば、世の中に役立つけれど、マイナスに育てると、その分社会に及ぼす迷惑も大きい。そこのところも神様は必ず見ておられる。だから、子供を立派に育てることは、結局育てた親(自分)のためということになり、損をしたとか、人生を無駄にしたなどということはあり得ないのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード