私の目標は無意味なことに専念すること1662

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(130)

 やはり、上に立つ人間の志が落ちて、目前のもめごとに心が入ってしまってはだめ。もめごとはもめごと、トラブルはトラブル、問題は問題で解決しなくてはいけないのだが、知性だけでやればいい。心はもっと関係ないようなことに振り向ける。有意義なことが見いだせなければ、無意味なことをやればいいのだ。経営者の志すところに気が動き、知恵が湧いてきて、人が集まり、金も集まってくるという運気。社運というものは、そこから来るのである。


文科系の経営者は無駄をしろ!

 私がピアノを始めたのは、三五歳のときであった。リチャード・クレイダーマンの曲を一曲、きれいにさっと弾けたら、弾き終わった瞬間、パタッと死んでもいいんだとやり始めたら、ピアノをさっと弾けるようになった。

「今さらこの歳で」と思ったら、もう何もかもだめになる。何でもいい。志に気が動き、知恵が湧き、人が集まって、金も集まって、社業は絶対に繁栄する。身をもって体験したわけだが、四五の手習いなんて、時間の無駄と言えば全部時間の無駄。しかし私は思ったのだ。私の人生の目標は、なるべく時間の無駄をすること。なるべく余計な労力を使うこと。そして無意味なことに専念することだ、と。

「やるぞ!」という元気が出て、やっぱり阿蘇へ行こうと決めた。人が来なくともいい。「神様、阿蘇の神様、見ていて下さい。私はやります」と言ったら、阿蘇の神様が「あそ」。その、ばかなギャグを衛星放送で言うために、そのためだけにでも阿蘇山に行ってやるんだと決めた。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

大きな志を持ち続けなくてはいけない1661

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(129)

大きな志・大きな知恵

 ある時、アサヒビールの某氏が、「志の経営」というテーマで講演をした。この人は、スーパードライ戦争を陣頭指揮した営業部長であるが、その話を聞いて、私は非常に感動した。

 アサヒビールというのはずっとキリンに水をあけられていて、パッとしなかった。そこでマッキンゼーを入れて「その通りにやるんだ!」と、とにかく消費者に喜んでもらえる商品、アサヒビールが好きな消費者に喜んでもらえる商品開発を行ったのだそうだ。そして、スーパードライ戦争以来、連戦連勝である。

 私は今、もう少し別の角度で「志」を解説しているが、共通するのはもっと大きな志を持ち続けなくてはいけないということである。

 ますます志を大きくしていったら、大きい志の分だけ、大きな気が動く。大きな気が動けば、大きな知恵が湧いてきて、大きな熱意が出てきて、大いに人が集まり、大いにお金も集まる。

 御魂が奮い立つということが、結局は運を呼び込むことなのだ。会社をやっていれば、もめごと、トラブル、困難、悩みごと、そんなものは絶えずある。造反劇もあれば不渡りを食らうこともある。持ち逃げされることもあれば、倒産もある。しかしどんなことでもいい、そこで絶対に志を曲げないで貫く。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

志を持っていくと気が動く1660

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(128)

志は気の帥である

「志は気の帥である」

 という孟子の言葉がある。志をしっかり持つと、自分の気が統帥されて動き出す。あるいは「浩然の気を養う」ということもある。要するに、「やるぞ!」と志を持っていくと、気が動くのだ。

 志があれば、心が指して気が動く。気が動けば、気が巡って知恵がわく。人が集まる。金が集まる。これを総称して運を呼び込むという。

 気が動くところ知恵も出てくるが、熱意も出てくる。意が熱を帯びてくるわけだ。松下幸之助は「熱意があれば動く」と言っていたが、熱意は志によって出ずる。心が指すものに対して熱烈に思うから、意に熱を帯びてくるわけである。そうすると知恵が湧き、気が動く。

「あ、こういうふうにすればお金ができるな」

「あ、こういうふうにすれば人が喜ぶな」

「あ、こういうふうにすれば新しい製品ができるな」

 ぱぱぱっと知恵が巡ってくる。人が集まる方法がわかる。金も集まってくる。売り上げが上がる。利益を出せる。経費が削減できる。という形で、全体に運が集まってくるのである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

生きていても何もならない。だから逆に何でもいい1659

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(127)

「どんな会社を成功させて財産を残しても、死んだら持っていけない。遺したところで、子どもが会社を潰すかもしれない。地位や名誉や財産、何になるんですか。死んだら持っていくんですか」

 と。何もならない。逆に言えば、何でもいいのだ。その人が素晴らしいと思えばいい。バイオリンでもテニスでも何でもいい。

「私はご飯を一〇分で食べる修業をしております。いかなる食事も一〇分。満漢全席も一〇分で食べます」

 それでいい。役行者が空を飛ぶのと変わらない。囲碁がうまくなるのと変わらない。どこが同じかといえば、何かこうと決めてやるプロセスが尊いということだ。

 話を戻すと、私は「今まで自分でそうしてやってきたんだ」ということを再確認した。そして、とにかく志を持って何かをやったとき、必ず神様が動き、運が出て、すべてが整ってきたということを改めて認識したのだ。

 すなわち、成功の原則である。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

意味も無いことに一生懸命努力することこそ尊い1658

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(126)

 人が勝手に決めたルールがあって、その中で緊張感を持つことができる。つまり一生懸命、真剣になれるときがあって、そこに自分なりに意義を見出すわけだ。言い換えよう。志を貫くことそれ自体が尊いことなのだ。

 だから、人生は全部遊び。緊張がある。キンチョウがあって、蚊取り線香もあればアースもある。

 人は結婚するために生まれてきたわけではない。会社を経営するために生まれてきたわけでもなければ、健康になるために生まれてきたのでもない。

 魂を錬磨向上させ、自分の中身を向上させるために、肉体を持って生まれてきたのだ。これは何も私だけの考え方ではない。古今東西の哲学者、宗教家、聖人たちが言ってきたことである。

 この社会というのは、すべて人が勝手に決めたルールである。その中で緊張感を持って、嬉しかったり悲しかったりしながら、とにかく何か志を持って貫くことが尊い。そのプロセスの中でフィロソフィーが生まれてきたり、人間的な向上がある。魂が磨かれる。そう考えたらいいのだ。

 プロセスが尊い。

 意味も無いことに一生懸命努力する。それでいい。そんなことをして何になるんだと言われたら、「じゃあ、あなたの人生は何になるんですか」と問えばいい。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

遊びには緊張感が必要だ1657

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(125)

 小さい頃からテニス一筋に生きて、人が勝手に作ったコンテストやトーナメントで優勝したとかしないとか、プロになったとかなれなかったとか。人が勝手に作ったルールのために一生懸命努力する。これはいったい何なのか。

 囲碁も、将棋も、ゴルフも、野球も、テニスも、運動にはなるだろう。頭のトレーニングにもなるだろう。しかし、その複雑なルールを覚えて、人生の大半の時間を費やして、ゴルフがうまくなった、野球がうまくなった、テニスがうまくなった、だからといって、それが何になるのか?健康を考えるのなら、ランニングしていればいいのではないだろうか?

 人が勝手に決めたルールを、さも天地の法則であり、神仏がお定めになった道であるかのごとく一生懸命練習する。それで一生終わっていく人というのは、いったい何なのだろうか。しょせん遊びではないか。

 そう考えていくと、どうだろう。体から力が抜けていきはしないだろうか。

 さあ、遊びというものをよく考えてみよう。

 遊びには緊張感がなくてはいけない。もしも緊張感を無くすと、ゴルフもテニスも野球も、囲碁も将棋も、まるで面白くなくなる。緊張感があればこそ、ある一定のルールの中で、勝った負けた、うまくできたできなかったと一喜一憂することができる。遊びとはそういうものである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

人生というゲームが楽しければ運も回る1656

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(124)

 これはいかんと思い、あらためて、今まで自分が生きてきた人生はどうだったかと思い返して、わかったのだ。いったい無駄とは何か?無駄でないとは何か?いったい誰がそれを決めるのか?

 無駄と感じて素直に反省したところが悪かった。経営者たるもの、無駄を反省してはいけないのだ。少々飛躍するが、これは成功の原則である。

 そこを、以下にもう少し説明しよう。


人生というゲームが楽しければ運も回る

 例えば囲碁。あるいは将棋。こんなもの、よく考えれば白と黒の陣地の取り合い、駒の取り合いではないか。それが何になるというのだろうか。呉清源、升田幸三と、名人・天才はいる。だからと言って、それに生涯をかけて何になるのだろう。人が勝手に作ったルールではないか。囲碁四段、将棋五段と言うが、その四段になるまでに、どれだけの時間と労力を費やすのだろうか。

 例えば野球。球を投げて打って走るだけのこと。ゴルフ。穴に球を入れるだけのこと。テニス。コートの中で球の打ち合いをするだけのこと。どれもこれも、人が勝手に決めたルールを守りながら、一生懸命にやっている。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

無駄は無駄ではない1655

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(123)

無駄を省くとはどういうことか

 私自身、これに類した出来事があった。

 あるとき、ふと自分の時間の使い方に無駄が多いような気がして、もっと有効な時間の使い方をしようと考えたことがある。

 ところが、そうしてよく考えてみると、何だか、何をするのも時間の無駄という気になってしまい、まずスケジュールに入っていた阿蘇行きを、別に逝かなくてもいいんじゃないかと考え始め、次々にあれもこれもと、考え始めたのだ。

「九州でセミナーを開くのに、別に阿蘇山まで行かなくてもいいだろう。衛星放送してもいいし、放送でなくとも福岡へ行けばたくさん人が来て効率的だ。わざわざ阿蘇山でセミナーをすることはないじゃないか」

「バイオリンの練習をしたところで、プロじゃないし、売り上げに関係ない。歌うのも、上手な人がたくさんいるんだから、CDをかければいいや」

 と。ピアノも一生懸命やって、リチャード・クレイダーマンの曲が弾けたときには感動した。でも、しばらく練習しないとまた弾けなくなるものだから、CDをかけたほうがよほどいい。みんな時間の無駄のように感じて、やる気が失せた。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

志を立てやり抜いてこそ成功がある1654

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(122)

 志というのは心が指す方向である。目をさすのは目刺し……。目刺しの頭も信心から、もとは、いわしの頭も信心からと言うが、ここに真実がある。「心がける」程度ではだめ。「こうなんだ」と貫く感じ、ニュアンスである。それが志である。僕はこうしていくんだ!と志を立てる。それが、つまらないことであればあるほど個性的である。

 毎日必ず、ミミズを一匹探して供養するというのでもいい。毎日一匹、ミミズを並べて三〇年続ける。「見てください。これが三〇年かけて集めたミミズのコレクションです」「ほう、すごいなあ。不気味な社長だな」と思われるかもしれないので、これはやめた方がいいが、ここまで個性的だと、これもひとつの成功の秘訣になる。

 もうひとつ、これも三上さんに聞いた話だが、あるコンニャク屋さんが倒産した。しかし「なにくそ、またコンニャクで頑張るぞ!」と四年かけて全部返済して、ついに成功を収めたという。

 会社が倒産したらどんなに悲劇か。債権者に追われて、普通だとがっくりしてしまう。定年退職者の例ではないが、病気になったり、下手をすると逝ってしまいかねない。それを四年かけて返済して「もう一回コンニャクでやるんだ」という志のものすごさはどうだ。すさまじいばかりの貫く精神。魂の力である。かっと御魂が振るい立っている。だから成功するのだ。体も運も人もついてくる。その貫くプロセスでフィロソフィーができて、個性も出てくるのだ。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

肝心なのは志を持ち貫くこと1653

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「ビジネス成功極意」を紹介しています。健康について、中小企業のマネジメント、海外への進出、営業の鉄則などが解説されています。

深見東州の「ビジネス成功極意」(121)

 しかし、そこを乗り越える人もまたいるわけだ。そしてこの人たちには共通項がある。志を持って貫いているというポイントである。そのユニークな実例を、ある講演会で船井総研の三上氏から紹介していただいた。たとえばある社長は、「毎日掃除をするんだ」と決めて、毎日三時間掃除する。「毎日手紙を書くんだ」と決めて毎日書き続ける。「種まで無肥料のものを作るんだ」と決意して中国まで種を探しに行く。あるいは「社員に権限委譲するんだ」。そういうふうに貫いて事業が成功したと。

 簡単なようで難しい。難しいようで簡単。そういったことが、その人なりの志を貫く表現なのである。

 何でもいい。やってみる。「会社に行ったら、首をとにかく二千回降るんだ!」「ドアを三千回ノックしてから入るんだ!」というのは冗談だが、とくに意味も無いようなことでもいい。やがて意味を持ってくるのだ。

 何でもいいから、自分なりに志を持って貫く。毎年社員を旅行に連れていく。朝、必ず太陽を拝んでから仕事をする。とにかく自分なりに志を持つ。志を持ったら、必ずそれを貫く。一〇年、二〇年貫く。そこにおのずから個性が出てくる。哲学が出てくる。そして成功したときに、それが成功者の哲学となるわけである。

(つづく)

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード